その他料理

【焼き鳥】焼き鳥『まとめ串』の作り方【1本でいくつもの部位】

今回は一風変わった焼き鳥を作ってみようと思う。

わかりやすい名称(通称)がなかったため、『まとめ串』という呼び方にしている。

1本の串に各種の焼き鳥の部位を少しずつまとめてさした美味しい焼き鳥を目指したつもりだ。

普通の焼き鳥に飽きた方もそうでない方も、試しに作ってみるのはどうだろうか?

各種材料

鶏もも肉

小さめに切るだけで良い。一番簡単だ。

せせり

細いので形を長さを整えて切り、1串に2~3切れを重ねる。

なんこつ

形を揃えて串にさせばOK。やげん軟骨の場合は半分に切るなどしたほうが良い。

レバー

かたまりを水と料理酒少々から茹で、沸騰直前で止めて5分ほど余熱で火を通す(灰汁(あく)が出てきたら取る)。

その後形を整えるために切ってから、串にさす。

カワ(皮)

料理酒を振り掛けて5分放置したのち、沸騰したお湯の中で15分間茹でる。

その後、形を整えるように切って串にさす。

ハツ

上部の脂肪部分を切り取り、縦に半分切り込みを入れ、血合いを抜く。ハツとハツ元に分ける。

ハツとハツ元は、それぞれ串を分けてさすといいだろう。

砂肝

半分に切って、切込みを入れるなどする。

下処理は丁寧なほうが食べやすいが、いろいろと大変なので多少ズボラになっても良い。

 

他にはつくね、手羽、ぼんじりなどがある。

調理方法

全ての材料を串にさして(順番はお好みで)、くっつかないフライパン(テフロン加工など)や、ホットプレート、あるいは炭火などで焼いていく。

味付けは塩コショーやタレ、あるいは塩ダレなどを使う。

自分は、今回は市販タレと塩コショーの2種類の味を用意した。

食中毒には十分気をつけて、完全に火を通す(材料の大きさを、どれも同じくらいに揃えておくのがポイント)。

味の感想など

各部位は串の先から順に、もも肉、カワ、ハツ、せせり、やげん軟骨、ぼんじりとなっている。

レバーと砂肝は売っていなかったが、量的にはちょうどいいか、それでも多かったくらいなので良しとしよう。

1本で様々な部位が味わえる触れ込みの今回の焼き鳥だが、その辺はクリアしたかな。

作るのも食べるのも楽しく、良いご馳走になった。

ごちそうさまでした。