その他料理

【お蕎麦】こってり、もみじと背脂の『肉味・つけ蕎麦』の作り方

今回はつけつゆに鶏もみじや背脂を投入した蕎麦(そば)風を作ってみようと思う。

蕎麦自体は乾麺を使用している。手打ちは今のところ大変だ。

今回の料理自体は、漫画『ラーメン発見伝』の24巻に『蕎麦のニューウェイブ』として紹介されていた蕎麦を参考にしている。

つけつゆの味は、よりこってりさせた。多分こっちのほうがハイグレードだと思う(蕎麦の麺は乾麺だからイーブンかな?)。

つけつゆ(4人前程度)

材料は以下、

・もみじ 1kg

・背脂 300グラム前後

・浄水 2リットル前後

もみじの下処理はいつものリンクを参照。

これを3~4時間ほど煮込んである程度、水を蒸発(水分は微調整する)させ、もみじを取り除いて背脂はいったん塊(かたまり)ごと取り除く。

さらに、別の鍋にお湯300ccほどを沸かし、

・かつお節 20グラム

を数分間沈めて出汁(だし)を取る。その後かつお節は濾すなどして取り除く。

面倒だったらかつお節の白だしなどを調整用に用いるのも手だ(かつお節、水、あわせて出汁の量は調整してほしい)。

その後、もみじスープと合わせる。

・醤油 適量

・みりん 適量

・豚肉 薄切り肉 適量

を(自分は醤油・みりん同量ずつ使用)バランスよく入れる(重要)。

つゆを再沸騰させ、5分強ほど煮てアルコールを全て飛ばし、肉には完全に火を通す。

小口切りにした長ネギと、背脂を網・ザルなどで濾(こ)して入れれば、完成だ(お好みでラー油も入れる)。

蕎麦(麺)そのものは規定時間茹で、お好みで上に細く切った海苔(のり)を乗せる。

つけあわせに生卵を用意して、途中で溶いたものを入れて食べても良い。

味の感想など

海苔の盛り付けが雑なのは仕方ないと割り切る(インスタ映えに興味なし。今のところは。インスタやってないし)。

また、上に書いている豚薄切り肉はなんとなく入れなかった。

うーん、こってりしすぎ?

もみじを抜いて、魚介系出汁(だし)を増やしてもいいと思った。

それだとほぼ完全に別物だけど(特製そばつゆとか、作ってみたいな)。

もうちょい濃くてもいいが、それは醤油とみりんだけで調整できるし、別にいいや。

生卵を溶かしたら、非常にまろやかな味になるのもgood(グー)!

罪深い味だった。

2杯目をできれば明日食べる。

ちなみにダシガラの鶏もみじも調味料(醤油、みりん、砂糖、一味唐辛子)で適当に味付けをして頂いた(全部は食べきれなかった)。

ごちそうさまでした。