その他料理

【餃子(ぎょうざ)】普通の餃子や、変わり種、手羽先餃子など

今回紹介するのは餃子(ぎょうざ)である。

ざっくりとした紹介しかしないので、細かいレシピは他のサイトを当たってほしい(特にこだわりすぎる気もないし)。

自作の皮は大きさを自由に調整できるので、ジャンボ餃子でインパクトを出したいときなどにおすすめだ。

皮のレシピについても既に有用なサイトがあるので、ここでいちいち書くのは不要と思い、バッサリ切って捨てた。

☆餃子のあん(中身)

背脂ミンチ入り、ひき肉餃子

比較的オーソドックスな餃子である。

細かく刻んだ背脂を少量(ひき肉の3分の1くらい)入れることで「あん」にジューシーさが出るわけだ。

野菜は千切りキャベツにニラ、風味づけにおろしにんにくとおろししょうがを使用している。

味付けは塩コショウ、醤油、オイスターソース、ごま油を適量入れる(ごま油は特に少量で良い)。

あんの画像

この餃子はどんな火の通しかたでもおおむね大丈夫だ。

また、「あん」に、にんにく1かけをまるごと(大ぶりの場合は半分に切る)レンジで軽く加熱して包んだにんにく餃子や、チーズを混ぜたチーズ餃子などにしても楽しめる。

エビしょうが餃子

プリプリの食感が楽しめる餃子である。

したがって、皮がパリパリになる揚げ餃子にはしないほうがいい。

冷凍のエビを解凍したり、刺身用のエビ使い、刻んで荒めのミンチ状にし、醤油やおろししょうがで味を付けて「あん」の完成だ。

あとは蒸し焼きやスープ餃子などにすると良い。

手羽先餃子

変わり種にして、管理人・書い人が最高に好きなのが手羽先餃子だ。

手羽先の中骨をペンチなどで引き抜き、空洞にする。

それをにんにく醤油などに漬け込んで味付けして、あとはひき肉などの「あん」を入れ、オーブンで焼いていく。

完成画像

これがまた、とても美味しい。

居酒屋的なうどん屋(もう潰れた)で見たのが最初のこのメニューとの出会いだったが、やたらと値段が高かった記憶がある(1個で250円くらいだったかな?)。

それなら、自分で調べて作ってしまえ、と思ったのだった。

とても美味い(2回目)。

「あん」をピラフなどにしても美味しい。手羽先にしっかり味がつくので、やや薄味にしてみるのもまた良い。

ごちそうさまでした。