創作ラーメン

【しょうが・鶏ガラ】たっぷりしょうがを効かせた醤油ラーメンの作り方

今回は、新潟ご当地ラーメンとして有名な『しょうが醤油ラーメン』を作ってみた。

あちらはげんこつ(とんこつ)などがベースらしいが、今回は鶏ガラともみじで作ることにした(げんこつ版も作るかもしれない)。

醤油ダレとスープにしょうがをたくさん入れ、キレのある味をしたラーメンだ。

スープの材料

・鶏ガラ 1kg

・もみじ500グラム~1kg(多いほどこってり感が出る。お好みで、入れなくても良し)

・しょうがスライス 100~200グラム程度(お好みで調整)

・長ネギの青い部分 1~2本分

・玉ねぎ 大1個分(お好みで。入れなくても良い)

・にんじん 半本分程度(入れなくても良い)

・りんご 4分の1~半個分程度(入れなくても良い)

・浄水3リットル以上(蒸発してきたら継ぎ足す)

スープの作り方

下処理などはいつものリンクを参照のこと。

下処理、下茹でした鶏ガラ・もみじを他の材料とともに煮込む。

沸騰したあと、弱火で3時間(蒸発した水分は好みの濃さになるまで継ぎ足していく)ほど煮込んで完成。

かなり簡単に作れる。

醤油ダレの材料・作り方

材料はシンプルに、

・しょうがスライス 30~40グラム

・醤油、みりん 各150cc

とした。

作り方も簡単で、10分ほど全材料を弱火で煮込んで、アルコールを飛ばして完成。

3日以上寝かせるとより美味しくなる。

また、トッピングのチャーシュー(豚バラ肉など)を作る際には煮込んだスープを200cc前後入れてから肉を煮ると、豚肉の旨味・出汁が出てより美味しいタレになるはずだ(豚肉で出汁を取ると、鶏ガラ出汁の統一性が損なわれる、と考える場合はしないほうが良いが大方の人は気にしなくても大丈夫)。

トッピングなど

主なトッピングは、チャーシュー、煮玉子、長ネギ、ほうれん草、メンマ、海苔にした。

お好みでにんにく香味油を入れても美味しく仕上がると思う。

しょうがとにんにくは相性が良いので、上手い感じに旨く仕上がるのを期待した。

味の感想など

タレが甘いため、もみじの旨味を引き立たせている気がした。

しょっぱめのタレならしょうがが引き立つだろう(その場合、りんごは入れないほうが無難だとも思う)。

しょうが風味はスープを飲むと強く感じられる。

今回はスープにはしょうが150グラムを入れたが、倍量でも問題ないくらいだ。

美味しかったが、新たな組み合わせを試してみたくなる一杯だった。

ごちそうさまでした。